看護部紹介

  • HOME »
  • 看護部紹介

看護部紹介

びわこ学園 理念

この子らを世の光に

障害の重い人たちの生活の創出と幸福を追求してきたびわこ学園の創設者、糸賀一雄は「この子らを世の光に」と提唱しました。びわこ学園はその意義を 自覚し、障害の重い人たちが市民として生きる社会を目指します。

    1.一人ひとりの尊厳を重んじ、他とおきかえることのできない“いのち”を支えます。
    2.その人らしさが輝く、「ふつうの生活」をおくることができるよう支援します。
    3.障害のある人たちが安心して暮らせるまちづくりをすすめます。

びわこ学園 看護部理念

障害の重い人たちの“いのち”をささえ、その人らしさを引き出し、
専門的看護実践者として、安全で安心した生活を支えるケアを提供します。

部長挨拶

センター野洲 看護部長

“あたりまえの難しさ~快適に過ごせる生活・生涯とは~”

私たちは、出来るだけ自分が快適であるために「あたりまえ」のことを日々「あたりまえ」に行いながら生活をしています。しかしそういったセルフケアが困難な方はどうでしょう。目ヤニで遮られた視界がどんなに不快で、背中の服のシワがどんなに苦痛であるか。びわこ学園は、そんな利用者の思いを想像できる看護師を育てたいと思っています。

そのことはとても難しいことですが、利用者のところにどれだけ足を運び、気づき、考え、感じる感性をはたらかすことができるかどうかです。苦痛がなく、快適な存在であるために行う援助は、目立たない木の根っこのような、当たり前の看護の繰り返しです。私たちは、利用者の障がいを治すことはできません。しかし、障がいのある方の生涯を少しでも快適なものにすることはできると信じています。

sensei1

吉田 昌佐美

センター草津 看護部長・認定看護管理者

“どんなに重い障がいがあっても「ふつうの生活」を支える看護を”

自分で身体を動かせない・言葉を発することができない・医療ケアを受けないと生活ができない~そんな重い障がいを持った人たちの「いのち」と「生活を守る」こと、それが私たちのびわこ学園で働く看護師の役割です。
日々のバイタルサイン、利用者さんの表情やしぐさなどから身体の変化を感じ、日々の生活をより快適に過ごせるよう質の高い看護の提供を目指しています。その人らしさを引きだし、一人ひとりが大切にされる看護を一緒に実践しませんか?

sensei1

逸見 聡子

センター野洲 看護部長

“あたりまえの難しさ~快適に過ごせる生活・生涯とは~”

sensei1
びわこ学園医療福祉センター草津
看護部長:吉田 昌佐美

私たちは、出来るだけ自分が快適であるために「あたりまえ」のことを日々「あたりまえ」に行いながら生活をしています。しかしそういったセルフケアが困難な方はどうでしょう。目ヤニで遮られた視界がどんなに不快で、背中の服のシワがどんなに苦痛であるか。びわこ学園は、そんな利用者の思いを想像できる看護師を育てたいと思っています。

そのことはとても難しいことですが、利用者のところにどれだけ足を運び、気づき、考え、感じる感性をはたらかすことができるかどうかです。苦痛がなく、快適な存在であるために行う援助は、目立たない木の根っこのような、当たり前の看護の繰り返しです。私たちは、利用者の障がいを治すことはできません。しかし、障がいのある方の生涯を少しでも快適なものにすることはできると信じています。
か?

センター草津 看護部長

“どんなに重い障がいがあっても「ふつうの生活」を支える看護を”

sensei1
びわこ学園医療福祉センター草津
看護部長・認定看護管理者:逸見 聡子

自分で身体を動かせない・言葉を発することができない・医療ケアを受けないと生活ができない~そんな重い障がいを持った人たちの「いのち」と「生活を守る」こと、それが私たちのびわこ学園で働く看護師の役割です。
日々のバイタルサイン、利用者さんの表情やしぐさなどから身体の変化を感じ、日々の生活をより快適に過ごせるよう質の高い看護の提供を目指しています。その人らしさを引きだし、一人ひとりが大切にされる看護を一緒に実践しませんか?

看護体制

●勤務体制

・病棟  三交替・二交替の選択制
・外来、通所、訪問看護ステーション   常昼勤務(原則日祝休み)

●勤務時間

・三交替勤務 (①8:30~17:15 ②16:15~1:00 ③0:30~9:15)
・二交替勤務 (①8:30~17:15 ②16:15~9:15)
・外来、通所、訪問看護ステーション  常昼勤務 (8:30~17:15 9:00~17:45)

●看護単位

・医療福祉センター草津
3看護単位(3病棟):10:1看護
・医療福祉センター野洲
3看護単位(3病棟):1・2病棟 10:1看護/3病棟  20:1看護
(但し、2019年4月より1・2病棟は7:1看護に移行予定)

●看護方式

・固定チームナーシング  継続受け持ち制

先輩看護師からのメッセージ

センター野洲 看護師

“人を思いやるこころを持った看護師になりたかった”

びわこ学園は人を思いやる愛で溢れています。利用者さんの生活に寄り添うことで、素敵な笑顔に出会うことができた時、素晴らしいいのちの輝きを感じることができます。看護技術はもちろんですが、人間としても成長ができる研修が充実しています。

sensei1

新卒で入職 3年目

”笑顔で溢れた個別性のある看護がしたかった“

重い障がいをもち自分の思いや意志を表出することが困難な利用者さんに対して必要なのは、利用者の障がいの特性を理解し、利用者個人の特性を理解することです。信頼関係ができたことで利用者の思いが理解できるようになった時、すごく達成感や喜びがあります。その時に看護をしていて良かったと思います。

sensei1

既卒で入職 7年目

センター草津 看護師

“楽しい思い出を共有しながら、じっくり関われる看護に魅力”

利用者と一緒に季節の移ろいを感じたり、人生の節目をお祝いしたり、様々な活動に参加することで、楽しい思い出の1ページを共有することができます。安全に活動が行われるように、環境を整え見守ることはもちろんですが、活動を通して見えてくる個々の利用者の変化や能力を的確に捉え、日々のケアにも活かしています。

sensei1

既卒で入職 2年目

“重症心身障がい者看護は看護の基本や魅力が沢山凝縮”

毎日の生活の中で丁寧に取り組んだ看護の成果を利用者の表情や状態から実感することができる。これがびわこ学園での看護のやりがいです。

sensei1

入職 9年目看護係長

センター野洲 看護師

“人を思いやるこころを持った看護師になりたかった”
新卒で入職 3年目

sensei1

びわこ学園は人を思いやる愛で溢れています。利用者さんの生活に寄り添うことで、素敵な笑顔に出会うことができた時、素晴らしいいのちの輝きを感じることができます。看護技術はもちろんですが、人間としても成長ができる研修が充実しています。

”笑顔で溢れた個別性のある看護がしたかった“
既卒で入職 7年目

sensei1

重い障がいをもち自分の思いや意志を表出することが困難な利用者さんに対して必要なのは、利用者の障がいの特性を理解し、利用者個人の特性を理解することです。信頼関係ができたことで利用者の思いが理解できるようになった時、すごく達成感や喜びがあります。その時に看護をしていて良かったと思います。

センター草津 看護師

“楽しい思い出を共有しながら、じっくり関われる看護に魅力”
既卒で入職 2年目

sensei1

利用者と一緒に季節の移ろいを感じたり、人生の節目をお祝いしたり、様々な活動に参加することで、楽しい思い出の1ページを共有することができます。安全に活動が行われるように、環境を整え見守ることはもちろんですが、活動を通して見えてくる個々の利用者の変化や能力を的確に捉え、日々のケアにも活かしています。

“重症心身障がい者看護は看護の基本や魅力が沢山凝縮”
入職 9年目看護係長

sensei1

毎日の生活の中で丁寧に取り組んだ看護の成果を利用者の表情や状態から実感することができる。これがびわこ学園での看護のやりがいです。

PAGETOP
Copyright © びわこ学園 看護部 All Rights Reserved.